養護老人ホームの料金は…

養護老人ホームの料金は…

「公的老人施設」と「有料老人施設」とに老人ホームは大きく分類されます。この公的老人施設に養護老人ホームがカテゴライズされます。つまり、養護老人ホームは公的な補助があって、運営主体が自治体、社会福祉法人や医療法人なので、料金が割安に抑えてくれるので、入所希望者が多いのです。

 

公的老人施設は、介護が要・不要などの入所条件の違いなどから、養護老人ホーム、軽費老人ホームのほかに特別養護老人ホームの3種類の施設に分類されます。このうち、養護老人ホーム、軽費老人ホームの2つは介護不要であるのに対して、特別養護老人ホームは体だけでなく精神に障害、しかも介護が必要な高齢者が入所する老人ホームです。介護不要の2施設の料金は割安で、特別養護老人ホームの料金は、有料老人施設並みとも言われています。

 

なお、気になる入居料金ですが、年金受取額などの収入や施設によって異なり、入居料金は一律いくら、というようにはならないそうです。養護老人ホームのケースで言えば、生活保護を受けている人で実質、入居料金がゼロ、という場合もあるそうです。

 

養護老人ホームは介護を要さない高齢者が入居できる施設と定義してあるので、公的補助を活用して、月々の料金を低く抑えるようにしていますが、養護老人ホームと同じ公的老人施設でも、特別養護老人ホームはもはや生活保護を受けている高齢者が入居できないくらい高額な料金となってしまっていること、その高額料金の度合いは有料老人施設の料金と大差なくなっているようです。

関連ページ

生活保護者の養護老人ホーム
養護老人ホームへの入所条件は、65歳以上の高齢者で生活保護を受けなければ経済的に自立が困難ではあるが、身体的に介護を必要としないことです
養護老人ホームと生活保護
当事者や生活保護を受けている家族は、養護老人ホームと生活保護が一体化されており、養護老人ホームに入所することでひと安心、と思うかもしれません
養護老人ホームの入所基準
養護老人ホームへの入所条件は、65歳以上の高齢者で生活保護を受けなければ経済的に自立が困難ではあるが、身体的に介護を必要としないことです
養護老人ホームの利用者
養護老人ホームの利用者になるためは、みっつの入所要件を満たす必要があります
養護老人ホームの問題点
養護老人ホーム入居条件は、65歳以上の高齢者で、生活保護を受けなければ経済的に自立が困難ではあるが、身体的に介護を必要としないことで、介護が必要となった時点で、養護老人ホームを退去しなければなりません
養護老人ホームの役割
養護老人ホームは、入所要件が満たせられれば、心身の健康保持や安定した生活が利用者には与えられるのです
養護老人ホームの条件
養護老人ホームへ入所するための条件は、65歳以上の高齢者で生活保護を受けなければ経済的に自立が困難ではあるが、身体的に介護を必要としないことです
養護老人ホームの栄養について
養護老人ホームに関わらず、老人ホームの食事サービスの栄養管理は大変です
養護老人ホームの生活
養護老人ホームという施設の位置づけは、身体的な介護を必要としない高齢者が日常生活を送ることです。
養護老人ホームの種類について
養護老人ホームは、特別養護老人ホームと同じ種類の公的老人施設です
養護老人ホームの要件
養護老人ホーム入居条件は、65歳以上の高齢者で、生活保護を受けなければ経済的に自立が困難ではあるが、身体的に介護を必要としないことですが、介護が必要となった時点で、養護老人ホームを退去しなければなりません
養護老人ホームの認知症者について
養護老人ホームでは、寝たきりの高齢者や認知症の高齢者が入所することはできません。認知症の高齢者が入所できるのは、特別養護老人ホームのみなのです。
養護老人ホームの課題
養護老人ホームに関わらず、老人ホームの食事サービスの栄養管理は大変です
養護老人ホームの費用
養護老人ホームへの入所基準は、主に3つあります
養護老人ホームの金額
養護老人ホームへの入所基準は、主に3つあります
養護老人ホームへの入所について
養護老人ホームへの入所条件は、65歳以上の高齢者で、身体的に介護を必要としないことです。つまり、経済的な自立が困難でも困難でなくても入所ができます
養護老人ホーム入居条件
養護老人ホーム入居条件は、65歳以上の高齢者で、生活保護を受けなければ経済的に自立が困難ではあるが、身体的に介護を必要としないことです
養護老人ホームとは
養護老人ホームとは、入居する高齢者には食事などのサービスはありますが、生活自立を目的とする施設なので、自立した生活ができることが大前提です