養護老人ホームの認知症者について

養護老人ホームの認知症者について

養護老人ホームでは、寝たきりの高齢者や認知症の高齢者が入所することはできません。養護老人ホームが区分されている「公的老人施設」では、寝たきりの高齢者や認知症の高齢者が入所できるのは、特別養護老人ホームのみなのです。もっとも、養護老人ホームへは、自分で自立した生活が送れる高齢者であれば、生活保護を受けていても入所できるという面があります。

 

ところで、「公的老人施設」ではなく、「有料老人施設」であれば、認知症の高齢者がたくさん入所できるようですが、そうなりにくいのは、やはり費用(料金)面があるからにほかならないようです。

 

公的老人施設では、施設の運営主体が自治体・社会福祉法人・医療法人など公的機関です。入所する高齢者にも若干の費用負担はしてもらうものの、大半は国や自治体などからの公的な補助により、施設運営が成立できています。公的な補助で施設維持をしているので、大半の高齢者−寝たきりであったり、認知症をわずらう高齢者は、とにかく割安な特別養護老人ホームへの入所待ちをしているのです。

 

とはいえ、最近の特別養護老人ホームの費用は、有料老人ホームと大差ないという話しもあります。

 

なお、認知症の高齢者は入居できない養護老人ホームですが、その入居料金は、年収入や施設費用などによって異なり、入居料金は一律いくら、というようにはならないそうです。いずれにしろ、こういう施設を存続させないと、生活弱者は路頭に迷うことになりかねません。

関連ページ

生活保護者の養護老人ホーム
養護老人ホームへの入所条件は、65歳以上の高齢者で生活保護を受けなければ経済的に自立が困難ではあるが、身体的に介護を必要としないことです
養護老人ホームと生活保護
当事者や生活保護を受けている家族は、養護老人ホームと生活保護が一体化されており、養護老人ホームに入所することでひと安心、と思うかもしれません
養護老人ホームの入所基準
養護老人ホームへの入所条件は、65歳以上の高齢者で生活保護を受けなければ経済的に自立が困難ではあるが、身体的に介護を必要としないことです
養護老人ホームの利用者
養護老人ホームの利用者になるためは、みっつの入所要件を満たす必要があります
養護老人ホームの問題点
養護老人ホーム入居条件は、65歳以上の高齢者で、生活保護を受けなければ経済的に自立が困難ではあるが、身体的に介護を必要としないことで、介護が必要となった時点で、養護老人ホームを退去しなければなりません
養護老人ホームの役割
養護老人ホームは、入所要件が満たせられれば、心身の健康保持や安定した生活が利用者には与えられるのです
養護老人ホームの料金は…
公的老人施設であるはずの特別老人ホームは有料老人施設と大差がなくなってきつつある状況のようです
養護老人ホームの条件
養護老人ホームへ入所するための条件は、65歳以上の高齢者で生活保護を受けなければ経済的に自立が困難ではあるが、身体的に介護を必要としないことです
養護老人ホームの栄養について
養護老人ホームに関わらず、老人ホームの食事サービスの栄養管理は大変です
養護老人ホームの生活
養護老人ホームという施設の位置づけは、身体的な介護を必要としない高齢者が日常生活を送ることです。
養護老人ホームの種類について
養護老人ホームは、特別養護老人ホームと同じ種類の公的老人施設です
養護老人ホームの要件
養護老人ホーム入居条件は、65歳以上の高齢者で、生活保護を受けなければ経済的に自立が困難ではあるが、身体的に介護を必要としないことですが、介護が必要となった時点で、養護老人ホームを退去しなければなりません
養護老人ホームの課題
養護老人ホームに関わらず、老人ホームの食事サービスの栄養管理は大変です
養護老人ホームの費用
養護老人ホームへの入所基準は、主に3つあります
養護老人ホームの金額
養護老人ホームへの入所基準は、主に3つあります
養護老人ホームへの入所について
養護老人ホームへの入所条件は、65歳以上の高齢者で、身体的に介護を必要としないことです。つまり、経済的な自立が困難でも困難でなくても入所ができます
養護老人ホーム入居条件
養護老人ホーム入居条件は、65歳以上の高齢者で、生活保護を受けなければ経済的に自立が困難ではあるが、身体的に介護を必要としないことです
養護老人ホームとは
養護老人ホームとは、入居する高齢者には食事などのサービスはありますが、生活自立を目的とする施設なので、自立した生活ができることが大前提です