特別養護老人ホームの利用者

特別養護老人ホームの利用者

特別養護老人ホームの利用者は、身体または精神上著しい障害があって、「要介護」の判定が出ていて、介護の必要がある65歳の高齢者です。おおよそ、常時の介護が必要な寝たきり老人、もしくは認知症の高齢者が利用者であると位置づけて間違いないと思います。なお、65歳に満たなくても利用者の認可をしている自治体の承認が得られれば、61歳以上の入居もあるそうです。

 

そのそも特別養護老人ホームは、老人福祉法上の老人福祉施設の中のひとつで、公的老人施設の観点から、運営は自治体や社会福祉法人が相当な公的な補助を受けてなされており、当初の利用者は生活保護を受けていて、介護の必要がある高齢者のほとんどを受け入れていた時もあったようです。

 

しかしながら、特別養護老人ホームは、老人福祉法上の施設であるとともに、介護福祉法の施設でもあるので、施設の位置づけが変わってきたのです。

 

その転機が介護保険制度の変更後に建てられた施設に生活保護者が入所できないくらい高額な入所費用となり、特別養護老人ホームの利用者は、民間企業が運営する有料老人施設の利用者と大差がないような施設環境となってしまい、介護保険制度の変更前に建てられた施設への入所待ちという高齢者が多いそうです。

 

高齢者は今後も増えます。既に社会福祉は論議されていますが、特別養護老人ホームは公的な補助を背景に運営され、昨今の国や地方自治体は財政上の逼迫から、今後、公的な補助などが維持できるのか、など課題が山積です。

関連ページ

公的補助のある特別養護老人ホーム
特別養護老人ホームは、公的補助で成り立っている施設なので、月額費用は低額なのが最大のメリットです
特別養護老人ホームでは健康診断書が必要
特別養護老人ホームへ入所するための書類が揃っても、なかなか入所できる待機せざるを得ない状況のようです
特別養護老人ホームに入れる条件
生活保護を受ける高齢者で入所できる特別養護老人ホームと入所できない特別養護老人ホームが存在する
特別養護老人ホームの入居費用
公的老人施設であるはずの特別老人ホームは有料老人施設と大差がなくなってきつつある状況のようです
特別養護老人ホームの利用者の特徴
特別養護老人ホームの利用者の特徴として定義すると、身体または精神上著しい障害があり、介護保険制度で「要介護」の判定が出ているため介護の必要がある65歳の高齢者です
特別養護老人ホームの対象者
特別養護老人ホームへ入所できる対象者は、要介護認定された在宅介護が困難な人です
特別養護老人ホームの特徴
特別養護老人ホームとは、要介護者が入居する公的な老人福祉施設です
特別養護老人ホームの種別
特別養護老人ホームは、常時介護を要する寝たきりの65歳以上の高齢者(介護保険制度で「要介護」判定が出されている)もしくは、認知症の高齢者が入所できる老人福祉施設です
特別養護老人ホームの種類について
公的老人施設の種類には、特別養護老人ホームのほかに養護老人ホームや軽費老人ホームがあります
特別養護老人ホームの食事について
高齢者ではなくても食事は楽しみであり、特別養護老人ホームでは介護を要する高齢者の食事を用意しなければならず、気を遣うことのひとつと言っても過言ではないでしょう
特別養護老人ホームへの入居について
特別養護老人ホームへ入居できるのは、65歳以上で要介護認定された在宅介護が困難な人です
特別養護老人ホームへの入居者の特徴
特別養護老人ホームは、老人福祉法では「特別養護老人ホーム」という名称で呼ばれ、介護保険法では「介護老人福祉施設」という名称で呼ばれるふたつの顔をもつ施設なのです
生活保護者の特別養護老人ホーム
生活保護を受ける高齢者で入所できる特別養護老人ホームと入所できない特別養護老人ホームが存在する
特別養護老人ホームとは
特別養護老人ホームは、公的補助で成り立っている施設なので、月額費用は低額なのが最大のメリットです