特別養護老人ホームに入れる条件

特別養護老人ホームに入れる条件

特別養護老人ホームに入れる条件は、まず年齢が65歳以上の人であること、さらに身体上または精神上著しく障害があり、いわゆるねたきり老人のように常時の介護を必要とするのに適切な介護を受けられない人であること、がそれに該当します。

 

ところで、特別養護老人ホームを設置する主体は地方公共団体や社会福祉法人であるため、仮に特別養護老人ホームに入れる条件は満たされていても、入所の決定は居住する市町村の措置決定によります。このため、特別養護老人ホームに入れる条件がすべて満たされていたとしても、100%入所できる確証がないのです。

 

老人ホームといわれる施設には公的機関が運営している施設と民間が運営している施設の2種類あります。特別養護老人ホームは前者が運営する施設ですが、公的な補助があるので、月々の費用が安く抑えられ、入所希望者はとても多いのです。しかしながら、前述の通り、居住する市町村の措置決定であるため、特別養護老人ホームに入れる条件が満たされていても、空きがなければ入所できない、といった物理的な問題もその決定の背景にはあります。

 

全国に5000ほどの特別養護老人ホームがあるそうですが、入所権利があるのは、原則その施設がある市町村に住民登録された高齢者が対象のようです。このため、高齢者福祉に力を入れる自治体は施設がある程度ある一方、高齢者福祉に力を入れたくても財政上、力を入れられない場合、格差が生じてしまう懸念があります。

関連ページ

公的補助のある特別養護老人ホーム
特別養護老人ホームは、公的補助で成り立っている施設なので、月額費用は低額なのが最大のメリットです
特別養護老人ホームでは健康診断書が必要
特別養護老人ホームへ入所するための書類が揃っても、なかなか入所できる待機せざるを得ない状況のようです
特別養護老人ホームの入居費用
公的老人施設であるはずの特別老人ホームは有料老人施設と大差がなくなってきつつある状況のようです
特別養護老人ホームの利用者
特別養護老人ホームの利用者は、身体または精神上著しい障害があって、「要介護」の判定が出ていて、介護の必要がある65歳の高齢者です
特別養護老人ホームの利用者の特徴
特別養護老人ホームの利用者の特徴として定義すると、身体または精神上著しい障害があり、介護保険制度で「要介護」の判定が出ているため介護の必要がある65歳の高齢者です
特別養護老人ホームの対象者
特別養護老人ホームへ入所できる対象者は、要介護認定された在宅介護が困難な人です
特別養護老人ホームの特徴
特別養護老人ホームとは、要介護者が入居する公的な老人福祉施設です
特別養護老人ホームの種別
特別養護老人ホームは、常時介護を要する寝たきりの65歳以上の高齢者(介護保険制度で「要介護」判定が出されている)もしくは、認知症の高齢者が入所できる老人福祉施設です
特別養護老人ホームの種類について
公的老人施設の種類には、特別養護老人ホームのほかに養護老人ホームや軽費老人ホームがあります
特別養護老人ホームの食事について
高齢者ではなくても食事は楽しみであり、特別養護老人ホームでは介護を要する高齢者の食事を用意しなければならず、気を遣うことのひとつと言っても過言ではないでしょう
特別養護老人ホームへの入居について
特別養護老人ホームへ入居できるのは、65歳以上で要介護認定された在宅介護が困難な人です
特別養護老人ホームへの入居者の特徴
特別養護老人ホームは、老人福祉法では「特別養護老人ホーム」という名称で呼ばれ、介護保険法では「介護老人福祉施設」という名称で呼ばれるふたつの顔をもつ施設なのです
生活保護者の特別養護老人ホーム
生活保護を受ける高齢者で入所できる特別養護老人ホームと入所できない特別養護老人ホームが存在する
特別養護老人ホームとは
特別養護老人ホームは、公的補助で成り立っている施設なので、月額費用は低額なのが最大のメリットです