マレーシアに半移住するのはどうでしょうか

マレーシアに半移住するのはどうでしょうか

アジアがロングステイの行き先として人気がありますが、マレーシアはその中でも1番人気があり、オーストラリアに引けととらないくらい魅力があります。
南半球の季節が逆ということは欠けますが、そもそも一年中温暖で過ごしやすい場所です。
ですから、その人気をあげると

 

 

  • 航空便が5時間、時差が1時間
  • 比較的治安がよい
  • 医療が進んでいる(日本語が通じる病院がある)
  • 日本人にたいへん友好的である
  • 生活水準は日本とかわらぬ水準だが、物価は約3分の1
  • 他民族なので多様な料理が味わえ、日本に合う料理が多い

そしてマレーシアの大きなポイントは、長期滞在をできるビザを発行することです。マレーシア・マイ・セカンドホーム・プログラム(MMSP)といい、なんと10年間有効の長期滞在用の特別ビザです。

 

Webサイト http://www.mm2h.gov.my/japanese/ に詳しいことがありますが、50歳以上でしたが350,000リンギ以上の流動資産及び一月10,000リンギ以上の国外での収入があることが必要です。
ただし引退された方は一月10,000リンギ以上の年金収入があればOKです。

 

政府のパンフレットを見ると、「マレーシアに来てよかった」という体験者の言葉が載っているが、

 

松山市 滞在2年半 58歳と57歳
ストレスを感じる事もなく快適に過ごしています。
気候が大変過ごしやすいです。物価が安い事は大助かりです。

 

大阪市 滞在1年半 68歳と67歳
日本人会があるので安心して生活ができています。
夢のようなゴルフを週二回楽しんでいます。

 

どうですか、あなたは日本でなければ老後を過ごせないと思いますか?

関連ページ

高齢者住宅を外国に作ったら:老後の海外ロングステイ
スローライフとか田舎暮らしなどが話題になっていますが、もっと大胆なのでロングステイというのを知っていますか?ロングステイというのは、外国に比較的長く滞在する余暇の過ごし方のことをいっていて、ロングステイ財団が商標登録をしています。
ロングステイ:アジアで老後を過ごす人が増えている
海外に過ごすと言っても、移住をするのではなくて、ある程度長期的に旅行をするのが多いが、その中でアジアは、特に人気がある場所である。
オーストラリアは老後を過ごしたい国としてベスト1
一番人気がある国は、オーストラリアです。やはり時差が少ないので、日本にいる家族とのコミュニケーションをしやすく、飛行時間も一番近いケアンズならば直行便で7時間程度です。
マレーシアにロングステイ、どこに住んだらよいでしょうか
マレーシアの都市は、4つが主に日本人が住む都市です。