オーストラリアは老後を過ごしたい国としてベスト1

オーストラリアは老後を過ごしたい国としてベスト1

老後を日本以外で過ごすのにアジアが人気がありますが、その理由は経済的なことがかなりの部分を占めているようです。経済的なことを無視してか、あるいは年金+アルファで生活をすることを考えている人達が、老後を過ごしたい国としてあげるのはどこでしょうか?

 

一番人気がある国は、オーストラリアです。やはり時差が少ないので、日本にいる家族とのコミュニケーションをしやすく、飛行時間も一番近いケアンズならば直行便で7時間程度です。

 

ケアンズには、ジェットスターというLCC(低価格航空会社)が便を持っていて、運賃は東京からケアンズで5万円から、シドニーなら6万円からです。それに燃油サーチャージや税金などが3万円くらい余分にかかりますが、10万円あればいけます。

 

何故オーストラリアが人気があるかというと、次のようなことがいえます。

 

  • 治安が安定している
  • 医療が進んでいる(日本語が通じる病院が多い)
  • 日本語でも、暮らしに不自由は少ない
  • 日本人に友好である(おおらかな人が多い)
  • 南半球なので、季節が逆(冬は暖かい)
  • 冬でも厳しい寒さはない。夏も多くは温暖である

さらに、オーストラリアを場所ごとに魅力を見ると

 

ケアンズ 
小さな素朴な都市ですが、海(グレートバリアリーフ)と山(熱帯雨林)で自然を楽しめる

 

ゴールドコースト、ブリスベン
 42Kmにわたる海岸線を持ち、周囲には自然公園も多い。
ブリスベンは、落ち着いた都会である

 

シドニー
海と都市が調和した美しく洗練された都市
日本人の好む食材(魚介類)が多い

 

パース
町中に無料バスが走っていて、大変便利である
観光地よりも、住んでみたいと評判が高い

 

生活費は、大体月に20万円から30万円が多いようですから、年金だけかつかつというかたは考えますが、蓄えがある程度持っている方は考えてみる価値はあるのではないでしょうか?

関連ページ

高齢者住宅を外国に作ったら:老後の海外ロングステイ
スローライフとか田舎暮らしなどが話題になっていますが、もっと大胆なのでロングステイというのを知っていますか?ロングステイというのは、外国に比較的長く滞在する余暇の過ごし方のことをいっていて、ロングステイ財団が商標登録をしています。
ロングステイ:アジアで老後を過ごす人が増えている
海外に過ごすと言っても、移住をするのではなくて、ある程度長期的に旅行をするのが多いが、その中でアジアは、特に人気がある場所である。
マレーシアに半移住するのはどうでしょうか
マレーシアの大きなポイントは、長期滞在をできるビザを発行することです。マレーシア・マイ・セカンドホーム・プログラム(MMSP)といい、なんと10年間有効の長期滞在用の特別ビザです。
マレーシアにロングステイ、どこに住んだらよいでしょうか
マレーシアの都市は、4つが主に日本人が住む都市です。