有料老人ホーム

高齢者住宅というと、老人ですから体が不自由で介護が必要でと、何か高齢になることのマイナスを考えがちですが、そうでばかりではありません。スローライフとか田舎暮らしなどが話題になっていますが、もっと大胆なのでロングステイというのを知っていますか?ロングステイというのは、外国に比較的長く滞在する余暇の過ごし方のことをいっていて、ロングステイ財団が商標登録をしています。多くの国が2週間以上で3ヶ月まではV...

老後を日本以外で過ごすことは、これまではなかなか難しく考えられていたが、現在では60歳、70歳、80歳となっても、海外へ行くことは珍しくなってきました。海外に過ごすと言っても、移住をするのではなくて、ある程度長期的に旅行をするのが多いが、その中でアジアは、特に人気がある場所である。アジアというと、フィリピン、タイ、マレーシアなどで、時差が少なく、飛行時間もそれほどでないから、高齢者にも負担が少ない...

老後を日本以外で過ごすのにアジアが人気がありますが、その理由は経済的なことがかなりの部分を占めているようです。経済的なことを無視してか、あるいは年金+アルファで生活をすることを考えている人達が、老後を過ごしたい国としてあげるのはどこでしょうか?一番人気がある国は、オーストラリアです。やはり時差が少ないので、日本にいる家族とのコミュニケーションをしやすく、飛行時間も一番近いケアンズならば直行便で7時...

アジアがロングステイの行き先として人気がありますが、マレーシアはその中でも1番人気があり、オーストラリアに引けととらないくらい魅力があります。南半球の季節が逆ということは欠けますが、そもそも一年中温暖で過ごしやすい場所です。ですから、その人気をあげると航空便が5時間、時差が1時間比較的治安がよい医療が進んでいる(日本語が通じる病院がある)日本人にたいへん友好的である生活水準は日本とかわらぬ水準だが...

マレーシアは、長期滞在用の特別ビザ(MM2P)で10年間滞在ができ、しかも更新可能ですから、半永遠に居住することができるのです。比較的治安がよくて、日本と生活水準が同じくらいで物価は約3分の1ととても魅力的ですが、いったいどこに住んだらよいのでしょうか?マレーシアの都市は、次の4つが主に日本人が住む都市です。クアラルンプールマレーシアの首都で150万人の国際都市で、新旧の文化が混じる不思議は魅力。...