公的老人施設

公的老人施設

老人施設への入居を考える時、一番最初に心配になるのが入居費用です。「有料老人施設は高額、とても入居は無理」と考える方も多いのではないかと思います。

 

老人施設は大きく分けて、公的老人施設と有料老人施設とに分類されます。

 

医療関連の老人保健施設と療養型病床群を除く、公的老人施設は入所条件等の違いにより、「特別養護老人ホーム」「養護老人ホーム」「軽費老人ホーム」の3種類の施設に分類されます。

 

 「特別養護老人ホーム」は、65歳以上の寝たきりや認知症等身体または精神に障害、常時介護が必要な状態で在宅介護が受けられない高齢者を受け入れる施設です。公的な補助で成り立っている施設なので、月額利用料は低額。

 

 「養護老人ホーム」は、65歳以上で身の回りの世話が自分で出来る方を対象にしている点と生活に困窮している高齢者を受け入れる施設。介護保険施設ではなく保険適用はないので、要介護状態になったら退所しなくてはなりません。

 

 「軽費老人ホーム」は、60歳以上の健康な高齢者で、無料または低額料金で入居できる施設で、A型とB型、ケアハウス型に分類されています。A型は年収制限のある給食付き、B型は年収制限のない自炊タイプ。ケアハウス型は例えば自炊ができないなどの生活不安と家族からの支援が受けられない60歳以上の高齢者が対象です。

 

 なお、公的老人施設全般にいえますが、部屋は基本的に相部屋です。それが嫌な場合は、個室のある有料老人施設を探さなくてはなりません。

関連ページ

公的な老人ホームと介護認定について
特別養護老人ホームは、介護付き有料老人ホーム等よりも低料金のため希望者が多く、なかなか入居出来ないのが現状です。
公的老人ホームにおける運営費用の有効的な利用方法について
公的老人ホームの費用の場合は、行政側からの運営補助費用が負担されています。これにより赤字体質でも施設存続は可能で、民間の施設から見た場合には非常に不公平なしくみであると言わざるを得ません。
特別養護老人ホームの特徴について
特別養護老人ホームは、介護保険制度で寝たきりや認知症などで身体もしくは精神に障害があり「要介護」と判定された高齢者が入所できる施設である
養護老人ホームの特徴について
養護老人ホームは、老人福祉施設のひとつであり、高齢者を対象とした社会福祉を行う老人ホームであることです。
軽費老人ホームとは
軽費老人ホームは、厚生労働省が決めた老人福祉法のなかで、無料又は低額な料金で入室できて食事・日常生活が行われる施設です
軽費老人福祉施設とは
軽費老人福祉施設には、A型、B型、C型の3種類のタイプの施設があり、C型をケアハウスと呼びます。