養護老人ホームの特徴について

養護老人ホームの特徴について

養護老人ホームの特徴は、老人福祉施設のひとつであり、高齢者を対象とした社会福祉を行う老人ホームであることです。

 

名称だけで言えば、特別養護老人ホームと同じような施設であるかのように思われがちですが、養護老人ホームが経済的な理由によって高齢者自身が自宅で生活することが困難な自立者が入所できる施設であることに対して、特別養護老人ホームは介護保険制度で寝たきりや認知症などにより身体もしくは精神に障害があることで、「要介護」と判定された高齢者が利用できる施設のことなのです。

 

施設の名称はよく似ていますが、入所できる高齢者の立場が真逆と言っても良いかもしれません。ただし、両施設ともその特徴は公的なところです。

 

ところで、養護老人ホームが経済的な理由によって自宅で生活することが困難な高齢者を救済する施設であるため、入所の申し込みは養護老人ホームへ申し込むのではなく、養護老人ホームを管理している市町村で入所申し込みを行い、管理している市町村が審査した上で入所が認められて入所となります。

 

デメリットの特徴として、公的機関特有の申請から入所の承認まで時間がかかることが挙げられます。また、養護老人ホームでは食事などのサービスはあるようですが、入所できる資格が経済的な理由によって自宅で生活することが困難なだけの自立した高齢者を救済する施設であるため、この高齢者が寝たきりになるなど介護が必要になった場合は、施設にいられなくなるところもあるそうです。

関連ページ

公的な老人ホームと介護認定について
特別養護老人ホームは、介護付き有料老人ホーム等よりも低料金のため希望者が多く、なかなか入居出来ないのが現状です。
公的老人ホームにおける運営費用の有効的な利用方法について
公的老人ホームの費用の場合は、行政側からの運営補助費用が負担されています。これにより赤字体質でも施設存続は可能で、民間の施設から見た場合には非常に不公平なしくみであると言わざるを得ません。
特別養護老人ホームの特徴について
特別養護老人ホームは、介護保険制度で寝たきりや認知症などで身体もしくは精神に障害があり「要介護」と判定された高齢者が入所できる施設である
軽費老人ホームとは
軽費老人ホームは、厚生労働省が決めた老人福祉法のなかで、無料又は低額な料金で入室できて食事・日常生活が行われる施設です
公的老人施設
医療関連の老人保健施設と療養型病床群を除く、公的老人施設は入所条件等の違いにより、「特別養護老人ホーム」「養護老人ホーム」「軽費老人ホーム」の3種類の施設に分類されます。
軽費老人福祉施設とは
軽費老人福祉施設には、A型、B型、C型の3種類のタイプの施設があり、C型をケアハウスと呼びます。