特別養護老人ホームの特徴について

特別養護老人ホームの特徴について

老人ホームとは、大きく有料老人ホームと老人福祉施設とに分けられます。そして、特別養護老人ホームは老人福祉施設の施設のひとつです。

 

老人福祉施設には、この特別養護老人ホームと似たような名称の養護老人ホームがありますが、その特徴は、前者が介護保険制度で寝たきりや認知症などで身体もしくは精神に障害があり「要介護」と判定された高齢者が入所できる施設であることに対して、後者は経済的な理由によって自宅で生活することが困難な自立した高齢者が入所できる施設です。

 

両施設の名称は酷似していますが、入所できる高齢者の状況は自立できるできないで真逆なものと言っても過言ではないかもしれません。ただし、特別養護老人ホームも養護老人ホームも公的な施設ですので、入所希望者が多いことは施設の特徴のひとつと言えるでしょう。

 

特別養護老人ホームは、前述の通り、公的な施設で社会福祉法人などが施設を運営していることも特徴のひとつだと思います。公的な施設なので、運営費用は国や市町村などからの補助金が充てられていて、民間の有料老人ホームと比べると月額費用などの負担が相当に軽いだけでなく、費用の割りに設備が整っていて、きちんと医師が配置されている施設が多いです。

 

このため、特別養護老人ホームへの入所希望者は多いようですが、いくら「要介護」という判定を受けていても、介護判定の軽重やこれまでの介護利用回数なども考慮されて入所が決まるため、入所待ちの待機者が相当にいる、と言われています。

関連ページ

公的な老人ホームと介護認定について
特別養護老人ホームは、介護付き有料老人ホーム等よりも低料金のため希望者が多く、なかなか入居出来ないのが現状です。
公的老人ホームにおける運営費用の有効的な利用方法について
公的老人ホームの費用の場合は、行政側からの運営補助費用が負担されています。これにより赤字体質でも施設存続は可能で、民間の施設から見た場合には非常に不公平なしくみであると言わざるを得ません。
養護老人ホームの特徴について
養護老人ホームは、老人福祉施設のひとつであり、高齢者を対象とした社会福祉を行う老人ホームであることです。
軽費老人ホームとは
軽費老人ホームは、厚生労働省が決めた老人福祉法のなかで、無料又は低額な料金で入室できて食事・日常生活が行われる施設です
公的老人施設
医療関連の老人保健施設と療養型病床群を除く、公的老人施設は入所条件等の違いにより、「特別養護老人ホーム」「養護老人ホーム」「軽費老人ホーム」の3種類の施設に分類されます。
軽費老人福祉施設とは
軽費老人福祉施設には、A型、B型、C型の3種類のタイプの施設があり、C型をケアハウスと呼びます。