有料老人ホーム

公的老人ホーム記事一覧

公的な老人ホーム「特別養護老人ホーム」をご存知でしょうか? 日本で最も多い高齢者向けの公的な老人ホームで、「特養」「介護老人福祉施設」「特別養護老人施設」とも呼ばれています。特別養護老人ホームは、国、地方公共団体、社会福祉法人が運営している公的な老人ホームなのです。 そのため自己負担は、施設サービス費の1割、居住費、食費、その他費用等、「多床室」の場合、月数万円〜十数万円程度で済みます。介護付き有...

公的老人ホームの中でも介護サービス付きの施設については、設備の利用、介護サービススタッフの人件費など、多くの費用がかかっています。公的老人ホームの場合、民間の介護付き有料老人ホームに比べ、入居対象者に経済的な余裕が無いケースもあり、そうした運営費用の捻出には常に気を使うことになります。そうした入居者の事情を考慮して、公的老人ホームの費用の場合は、行政側からの運営補助費用が負担されています。これによ...

老人ホームとは、大きく有料老人ホームと老人福祉施設とに分けられます。そして、特別養護老人ホームは老人福祉施設の施設のひとつです。老人福祉施設には、この特別養護老人ホームと似たような名称の養護老人ホームがありますが、その特徴は、前者が介護保険制度で寝たきりや認知症などで身体もしくは精神に障害があり「要介護」と判定された高齢者が入所できる施設であることに対して、後者は経済的な理由によって自宅で生活する...

養護老人ホームの特徴は、老人福祉施設のひとつであり、高齢者を対象とした社会福祉を行う老人ホームであることです。名称だけで言えば、特別養護老人ホームと同じような施設であるかのように思われがちですが、養護老人ホームが経済的な理由によって高齢者自身が自宅で生活することが困難な自立者が入所できる施設であることに対して、特別養護老人ホームは介護保険制度で寝たきりや認知症などにより身体もしくは精神に障害がある...

老人ホームには軽費老人ホームとか色々な種類があるのだと言う事をまずはじめに知りました。よく目にするのが、有料老人ホームですが、今回の軽費老人ホームと言いますのは、厚生労働省が決めた老人福祉法のなかで、無料又は低額な料金で入室できて食事・日常生活が行われるような施設の事を言います。そしてこの軽費老人ホームには、3つの種類があります。A型・B型・C型に分かれています。そして所得制限や利用料金までいろい...

老人施設への入居を考える時、一番最初に心配になるのが入居費用です。「有料老人施設は高額、とても入居は無理」と考える方も多いのではないかと思います。老人施設は大きく分けて、公的老人施設と有料老人施設とに分類されます。医療関連の老人保健施設と療養型病床群を除く、公的老人施設は入所条件等の違いにより、「特別養護老人ホーム」「養護老人ホーム」「軽費老人ホーム」の3種類の施設に分類されます。「特別養護老人ホ...

軽費老人福祉施設には、A型、B型、C型の3種類のタイプの施設があり、C型をケアハウスと呼びます。A型、B型、C型の入居条件は次の通りです。A型...60歳以上の健康な高齢者。年収制限はありますが、給食付き。B型...A型と同様に60歳以上の健康な高齢者。年収制限がなく、自炊タイプ。C型...自立支援型は、A型と同様に60歳以上の健康な高齢者。介護型は、60歳以上で要介護1以上の認定を受けた高齢者。...