24時間介護付き住宅について

24時間介護付き住宅について

世界で最も高齢化が進行している国が、私たちの住む日本です。その上少子化や夫婦共働きなども進んでいるため,高齢者の面倒を息子・娘が見るのもとても難しくなっているのが現状ですね。そのため、高齢者の老後の暮らしのために民間でも様々なサービスや商品が用意されています。

 

そのうちの一つが、24時間介護付き住宅です。この24時間介護付き住宅とは、マンションに専門のホームヘルパーさんが待機している住宅ですね。介護スタッフの他に看護師が待機していたり、医療機関とも連絡をとりやすくなっている場合が多いのも嬉しいところです。食事についても、栄養がとれるものを毎日提供してくれます。主に地方の生活協同組合などが、この形態の集合住宅を運営していることが多いです。

 

月々かかる費用は部屋代と食堂などの食費・管理費と介護の必要度合いによって異なる自己負担分になってきます。その他、場所によっていろいろなオプションがついているでしょう。また、こういった住宅はたいてい入居一時金がそれなりにかかってしまうため、誰にでもすぐ入れるものではありません。

 

ちなみに24時間介護付き住宅だからといって、24時間常に行動の自由が制限されるわけではありません。門限が定められていなかったり、外出が自由である住宅もたくさんあります。要介護レベルが低く、まだまだ外出をする元気がある方の場合、ずっと家にいるだけではかえって健康を損なう場合もありますから、そういった部分はしっかり確認するようにしたいですね。

関連ページ

高齢者の施設について
介護が不要な高齢者や介護が必要な高齢者に医療または社会福祉を目的とした高齢者施設が急速に増えました
高齢者施設の種類について
高齢者が豊かで安心したシニアライフを送るためにしっかり住まいを選ぶことは大事なポイントのひとつです。
高齢者住宅とはどういう住宅のことでしょうか
高齢者住宅とは、別に定義が決まっていませんが、バリアフリー設計のした住居であれば高齢者住宅と言えるかも知れません。
ライフサポートアドバイザー(LSA)を高齢者住宅に同居させる
LSAは、高齢の入居者から日常生活における不安や心配事などの相談を受け、必要があれば介護サービスなどを手配することもする。
高齢者のための賃貸住宅について
高齢者のための賃貸住宅としては、まず高円賃(高齢者円滑入居賃貸住宅)と呼ばれる「高齢者の入居を拒まない」賃貸住宅があります。
高齢者専用の賃貸住宅について
高専賃(高齢者専用賃貸住宅)は、特に注目されています。高齢者のための賃貸住宅は既に20%を越えた高齢化率は2050年には40%になると予想されて、しかもその受け皿が不足するのが見えています。