有料老人ホーム

高齢者施設記事一覧

高齢者が豊かで安心なシニアライフを送るためのポイントのひとつは住まいの選び方です。平成12年の介護保険法の施行によって、介護を必要としない高齢者には住宅が、介護が不要な高齢者や介護が必要な高齢者に医療または社会福祉を目的とした高齢者施設が急速に増えました。この住宅・施設の種類の主なものは次の通りです。介護を必要としない高齢者向け住宅"高齢者住宅"には、「高齢者向け優良賃貸住宅」「シニア住宅」「シル...

高齢者が豊かで安心したシニアライフを送るためにしっかり住まいを選ぶことは大事なポイントのひとつです。介護保険法が平成12年に施行され、介護を必要としない高齢者には高齢者住宅、介護が不要な高齢者や介護が必要な高齢者に医療・社会福祉を目的とした高齢者施設が急速に増えました。これらの高齢者施設の主な種類は次の通りです。高齢者住宅は、「高齢者向け優良賃貸住宅」「シニア住宅」「シルバーハウジング」「ケア付き...

世界で最も高齢化が進行している国が、私たちの住む日本です。その上少子化や夫婦共働きなども進んでいるため,高齢者の面倒を息子・娘が見るのもとても難しくなっているのが現状ですね。そのため、高齢者の老後の暮らしのために民間でも様々なサービスや商品が用意されています。そのうちの一つが、24時間介護付き住宅です。この24時間介護付き住宅とは、マンションに専門のホームヘルパーさんが待機している住宅ですね。介護...

高齢者住宅とは、別に定義が決まっていませんが、バリアフリー設計のした住居であれば高齢者住宅と言えるかも知れません。ただ多くの高齢者住宅といえば、高齢者専用ではなくても大部分の人が高齢者である集合住宅です。また高齢者住宅ですから、日常的な生活にも支援が必要な方が多いですから、そのサービスを提供してことがあります。ですから、これまで持ち家だったけれど、子供が巣立って老夫婦だけで住むのならば、生活に不安...

高齢者住宅はバリアフリー設計のした住居で、大部分の人が高齢者である集合住宅のことをさすのが多いです。高齢者だけが住み集合住宅だったとしたら、居住者だけでは成り立たないわけです。そこでライフサポートアドバイザー(LSA)といわれる生活援助員が必要になるわけです。LSAは、高齢の入居者から日常生活における不安や心配事などの相談を受け、必要があれば介護サービスなどを手配することもする。LSAは、主にシル...

高齢者のための賃貸住宅としては、まず高円賃(高齢者円滑入居賃貸住宅)と呼ばれる「高齢者の入居を拒まない」賃貸住宅があります。これまで高齢者や外人などは入居を断る賃貸住宅が多かったのですが、日本が高齢化国家(65歳以上が7%〜14%)、高齢国家(14%〜21%)、さらに超高齢国家(21%以上)となってきて、高齢者も拒まないことが出てきました。これがさらに高専賃(高齢者専用賃貸住宅)というのも登場して...

高齢者のための賃貸住宅については、それぞれの賃貸住宅について簡単にふれました。その中で高専賃(高齢者専用賃貸住宅)は、特に注目されています。高齢者のための賃貸住宅は既に20%を越えた高齢化率は2050年には40%になると予想されて、しかもその受け皿が不足するのが見えています。受け皿の状態は、介護型老人ホームは総量規制されており、介護老人保健施設は入居半年で出なければならなく、特別養護老人ホームは入...