有料老人ホーム

軽費老人ホーム記事一覧

老人福祉施設のひとつとして、「軽費老人ホーム」という区分があります。施設開設の背景としては、核家族化を背景とした、比較的健康な高齢者の孤立化への懸念が挙げられます。開設当初、軽費老人ホームは大きくA型とB型に分けられ、それぞれA型は給食の支給があり、B型は自炊することになっていて、利用料金に若干の違いがありました。こうした形で始まった軽費老人ホームの運用ですが、開設から時間が立ち、いろいろな問題点...

高齢者の増加と不況の波を受けて、従来の介護付き有料老人ホームを補完する形で、軽費老人ホームの需要が高まっています。高齢者の仲間入りをしたが、リストラや、続く不況で金銭的な余裕がないという高齢者は、老人ホームを探す上で費用面の不安や心配が多いと思います。軽費老人ホームはその利用料金の安さと公共性の高さから、こうした高齢者をバックアップする存在であるべきですが、実態としては、対象となる高齢者本人にその...

自立生活が可能ながらも、住宅事情や家庭の事情などにより、従来の生活が続けられなくなった高齢者のために、軽費老人ホームというものがあります。これは、行政が比較的安価な利用料で提供している施設で、基本的に介護を必要とせず、自分で身の回りのことができる高齢者を対象としています。軽費老人ホームを目的別に分ける区分として、軽費老人ホームA型、軽費老人ホームB型と呼ばれるものがあります。A型は給食が出る施設で...

軽費老人ホームは、入所条件として高齢者本人が身の回りのことを自分でできることが前提条件となっています。このため、他の有料老人ホームなどと比較して、身体状況が良好な高齢者が多く、施設も比較的簡素な場合が多いです。ただ、こうした身体状況自体は、時とともに変化し、5年、10年と経過していく中では、やはり介護が必要となってきます。そうした変化を見据えつつ、それでいてできるだけ高齢者の自立を促すしくみとして...

一般的な介護付き有料老人ホームは、利用料が月額15万円を超える施設がほとんどです。この場合生活保護を受けている高齢者では、入所できる見込みはないと言ってよいでしょう。では、こうした生保受給者は、どのような老後を送ればいいのでしょうか?その回答のひとつとして、軽費老人ホームの存在が挙げられます。軽費老人ホームは設立当初、住宅事情や家庭の事情によって現状での生活が困難になった高齢者を対象に設立されまし...

入居後の自由度の高さから人気が高く、供給が需要に追いついていない軽費老人ホームですが、実態としては様々な課題を抱えています。単純に施設数を増やすことができない軽費老人ホームの実情を、入居要件の面から検証してみたいと思います。まず、軽費老人ホームの入居要件としてどんなことが挙げられるかと言いますと、ひとつには、入居する高齢者が、介護を必要とせず自分の身の回りのことをひとりでできること、が挙げられます...

老人ホームの一形態として、家庭の事情や住宅事情などにより、自宅での生活が困難になった高齢者を対象に、住居と食事の提供を行う施設として、「軽費老人ホーム」というものがあります。具体的な入所のきっかけとしては、同居している家族の転勤により1人になってしまう場合や、家族と上手く折り合いがつかず、同居が困難になってしまった場合、または、自宅の家賃が払えないなどの金銭的な問題などです。これらの高齢者の方々は...

軽費老人ホームを選ぶ際に気を付けなければならないことのひとつとして、認可要件の継続的維持の確認があります。これは簡単に言うと、市町村や福祉法人が、軽費老人ホームを設立するにあたり受けた認可内容が、現状の施設でも守られているかどうか、という確認が必要だということです。軽費老人ホームに限ったことではありませんが、こうした認可を必要とする施設の場合、設備仕様の詳細や、勤務ルールなど、現物確認を伴わず書面...

軽費老人ホームの特徴として、第一に利用料金の安さ、第二に入居条件の存在があります。利用料金の安さについては、従来の有料老人ホームが毎月20万前後であるのに対し、食事の付く軽費老人ホームA型では高いところで16万程度、自炊式の軽費老人ホームB型では4、5万あるいは無料の施設まであります。このような低料金を実現している背景としては、運営補助が受けられることや、設備や人件費などが実際かからないことが挙げ...

介護付き有料老人ホームの多くが、経済的に余裕のある高齢者を対象としているのに対し、軽費老人ホームはその名の通り、利用料金が安いことが特徴です。こうした軽費老人ホームの種類は、当初大きく分けてA型とB型の2種類に分かれていました。A型は給食形式の施設で、B型は自炊形式の施設です。共に、基本的に介護が必要なく、自立生活が可能な高齢者を対象としています。このように対象を絞ることで、施設の設備、管理費用を...

無料、もしくはそれに近い低料金で利用できる施設として、軽費老人ホームB型があります。給食支給のあるA型と違い、食事も自炊となるため、雰囲気としては食堂の無い学生寮や、郊外のセミナーハウスといったイメージです。入居にあたっては、介護が必要なく身の回りのことが自分でできることが条件となっていることもあり、一見すると老人ホームには見えない施設が多いです。さらに、入居している高齢者の方々もマイペースでのび...

世界でもトップクラスの高齢化社会である日本では、高齢者人口の増加に加え、80代の親を60代の子が経済的に面倒を見るなど、非常に不安定な世帯が急激に増加しています。こうした世帯では、健康であるにもかかわらず、同居の子供が要介護者となってしまうケースもあります。その結果、後期高齢者で経済的余裕が無いにもかかわらず、一人暮らしを余儀なくされることとなり、本人を含め親戚等も皆不安と心配の中で生活することに...

軽費老人ホームは、給食サービスのあるA型、原則自炊をするB型、居宅として全個室で住むケアハウスの3種類があり、全国でおよそ500くらいあり、定員は10名から最大は200名ですが、大半は50名を定員としています。軽費老人ホーム・ケアハウスは日常生活に必要な便宜を供与する老人福祉施設ですが、日常生活で介護が必要となった場合には退去しなければならないといってましたが、現実は入居者が年を取るとともに、介護...

最近の、ある程度の介護が必要な方も利用している軽費老人ホームを紹介したい。山口県岩国市の軽費老人ホーム錦寿苑のレポートやHPを見てみよう。入居には介護度や歩行状態、認知症の程度を判断基準とはせず、「何らかの方法をもって食堂へ出ること」となっています。したがって、歩行器使用者など歩行に障害がある方は1階にして、2階や3階は主に健常者です。認知症が入居すると、それで居室を変更することになりますが、入居...

京都にあり軽費老人ホーム亀岡友愛園は、特別養護老人ホームも併設されて要介護者となってもそちらでお世話になることも考えられますが、現在は軽費老人ホームの入居者の半数が要介護者になっています。要介護者ですが、失禁者も多くて、施設には尿臭が漂ってしまいます。そこで、身体を清潔に保ち、住環境の衛生に努めて快適な生活空間を提供し、精神的ストレスを軽減して認知症の予防にも効果的な「おしゃれしま専科」を発足させ...