認知症の方向けのグループホーム

認知症の方向けのグループホーム

近年、高まる高齢者福祉への需要にこたえる形で数が増えてきているのがグループホームという施設ですね。グループホームはヨーロッパ発祥で、ノーマライゼーションの実現を目指す手段の1つとして従来型の施設から脱却を目指すものです。

 

日本では、認知症になった高齢者の方向けの施設がグループホームの一般的な形態となっています。要介護認定で要支援2から5までの認定者が入所することが可能です。ほとんどの施設は民間の事業者で運営されています。

 

これは北欧スウェーデンで試みられている取り組みを日本に導入したものです。実は現代まで認知症などは寝かせきりで、衣食住の世話以外は放置されるケースも比較的多かったのです。グループホームは認知症患者も日常生活を健常者のように送ることができること、地域の中で溶け込んで暮らしていけることを目指しています。

 

そのため、グループホームの形態で多いのが実際の民家を改造して利用しているものです。実際に今まで住んでいた住宅で暮らしているような暮らしを送ることができます。認知症患者とはいえ、地域の中で役割をもち、生きがいを持って生きていられるようにスタッフとともに家事を行ったりすることもあります。もちろん、自由時間には今まで通り趣味などを楽しむことも可能です。

 

また、グループホームは少人数制になっています。基本的には利用者は9人以下、そして利用者3人につき1人以上のスタッフがついています。少人数とはいえ集団生活になるので、地域の中、グループホームの中でのルールはしっかり守って規則正しい生活を行う必要がありますよ。

関連ページ

グループホームが掲げる理念について
グループホームは、ノーマライゼーションを目指す施策の1つとして導入されている認知症の方向けの施設です。家庭的な雰囲気・地域社会の共生ができるところにそのノーマライゼーションの理念が現れています。
グループホームでの生活について
グループホームは、利用者にとって今まで暮らしていた家と比較的近い環境で日常生活を送ることができる施設です。趣味を楽しんだり、スタッフとともに家事を行ったりし、食事は利用者が集まってみんなで食べます。
グループホームでの食事について
グループホームでの食事は、スタッフと入居者が合同で作り、食堂で一緒に食べるスタイルが一般的です。流動食などが用意されているかは確認しておく必要があります。
グループホームに入所する前の注意点
グループホームに入居する前の下見で確認すべき点は、スタッフの対応やすでに利用している入居者について、また退去の条件についてといったポイントになります。
グループホームに要求される施設基準
グループホームには施設基準がいくつか設けられています。部屋に関する基準や安全面での基準、そして地域住民との交流の機会を確保することも基準の1つです。
グループホームのサービス種類について
グループホームは、サービス種類によって「併設型」「単独型」「合築型」グループホームの3つに区別されます。どのタイプでも、事前の見学が重要です。
グループホームのデメリット
グループホームは、高齢者の方や障害を抱える方が専門スタッフの介護を受けつつ、一般の住宅で集団生活を行うことができる施設のことです。家庭的な雰囲気で生活できるメリットがありますが、一方でデメリットも存在します。
グループホームの料金について
グループホームは、事業所によって料金形態も異なります。部屋代や食費などの基本費用に、介護保険料の自己負担分、それ以外の諸費用がかかってきます。
グループホームの3つの種類について
グループホームは、「併設型」「単独型」「合築型」グループホームの3つの種類があります。地域によって、どの種類のグループホームが多いかも異なります。
グループホームはなぜ10人以下の利用者しか入所できないのか
グループホームは、定められている基準を見ても運営上の安全を考えても、10人以下の少人数しか利用者を受け入れることが難しい福祉施設です。
グループホームを利用する前の確認事項
グループホームを利用する前には、高齢者本人の意思や健康状態、グループホームの料金や条件についてあらかじめ確認しておく必要があるでしょう。
グループホーム設立の難しさについて
グループホームなどの介護福祉施設が不足している原因の1つが、設立の難しさです。土地などのハード面の問題、自治体との折衝面などがなかなか難しいようです。
介護保険が利用できるグループホームなど
介護保険で使うことができる施設は介護保険三施設の他、都道府県から特定施設などとして指定された老人ホームやグループホームといった施設があります。
認知症の方が暮らすグループホームの利用者の特徴
認知症の高齢者が主に家庭的な雰囲気で暮らすことができるグループホームは、社会や他者との関わりの中で生きていくことを望む方が利用者に多いことも特徴です。
認知症以外の持病がある場合のグループホーム選び
認知症以外にも持病があるがグループホームの入所を希望する場合、病院などの施設と併設されているタイプのグループホームを選ぶと安心できますね。
高齢者が利用するグループホームの料金について
主に認知症の高齢者が利用するグループホームは、事業所によって料金は異なります。一般的には、老齢年金のみでまかなうのはなかなかたいへんなようです。
グループホームとは何か
グループホームとは、高齢者の方や障害を抱える方が集団生活を行う施設です。高齢社会の日本でなくてはならない存在ですが、改善すべき課題もたくさん残っています。