有料老人ホーム


老人ホームとは、有料老人ホームと老人福祉施設とに分けられます。

有料老人ホームは高齢者に生活サービスを提供する施設であり、「介護付き」「住宅型」「健康型」の3つのタイプ分けられます。介護付きの有料老人ホームは、その名のとおり介護する施設を持つ老人ホームのことであり、住宅型というのは、自宅をそのまま利用したりして、介護サービスの契約等は各個人がそれぞれ任意の事業者と結ぶことになります。健康型老人ホームというのは、健康である、即ちまだ介護を必要としない老人のためのホームで、老後の楽しみを欲しかったり、一人で住むのは不安があったりしてホームの入居するのです。

老人福祉施設は高齢者を対象とした社会福祉を行う施設であり、「特別養護老人ホーム」「養護老人ホーム」「軽費老人ホーム」「老人デイサービスセンター」「老人短期入所施設」「老人福祉センター」「老人介護支援センター」に分けられ利用されています。

特別養護老人ホームは特養と言われて、介護が必要な方が入る老人ホームで現在入所を待つ人が多くてかなり混んでいます。費用は介護保険の利用者負担分のほか、食費などの自己負担があります。

養護老人ホームは、介護は必要はないが経済的などの理由で居宅において養護を受けることが困難な人が入ります。

軽費老人ホームは、低額な料金で食事の提供や日常生活上必要な便宜を提供するホームです。

自分の住まいといえる老人ホームというのはここまでで、老人デイサービスセンター、老人短期入所施設は短期間の利用ができる施設です。老人福祉センターと老人介護支援センターは相談に応じたり、情報提供をする施設です。